【Q&A】ヘアケアで差がでる真夏の紫外線事情。

紫外線が強くなってきたこの季節。外へお出かけする事も多くなると思います。

紫外線で髪が傷むとは聞いた事あるけど、それほど気をつけてはいない方が多いのではないでしょうか?

日本人の黒髪は紫外線を吸収するメラニン色素が多い為、紫外線に対する防御力が高いといわれています。

しかし実際はヘアカラーでメラニン色素を削っているので無防備です。

でもどうしたらいいのかわからない・・・。

近頃人気な外国人風カラーなど、しっかりメラニン色素を削りながら透明感のあるカラーリングをしている方は特に要注意。

炎天下のオープンカフェで染めたての綺麗なブルージュカラーを日差しにさらしながらおしゃべり・・・

これではあまりに無策・・!

おそらくすぐに色味は褪色しパサつきが出てくるでしょう。

紫外線って強力なんです。


すっぴん状態で真夏に外で寝転がった場合どうなるでしょうか?

シミ・たるみ等の老化現象を起こしつつ炎症や赤みといった肌トラブルが起きることがその日のうちに実感できると思います。


さて頭部というのは体で1番太陽に近い為、髪は常に日差しにさらされています。

腕とか顔の3倍近く紫外線を受けるらしいです。

するとどうなるでしょうか?

①メラニンが壊れて髪の色が明るくなる。ヘアカラーも色味が落ちる。
②キューティクルが損傷して枝毛、切れ毛ができる。
③潤いは無くなりツヤもなくなりパサパサした感じになる。
④頭皮も損傷して抜け毛や白髪の原因になる。


『早く対策を教えてちょうだい。』



●対策

①基本的に10時~14時がもっとも紫外線が強い時間帯なのでそのじかんの外出を控えるのがベスト。

あるいは日陰を意識してできる限り日陰に避難するといいでしょう。

日傘という手もありますが、なかなか日傘という習慣は浸透していないと思います。

そんな時は帽子です。

夏はオシャレハットさんが多いですよね。髪や頭皮にとてもいいと思います。


②UVカット機能つきのスプレー、洗い流さないトリートメント、スタイリング剤を使う。

なにもつけないで日差しに当たるなんてすっぴんで日向ぼっこするようなものです。

自分の髪は自分で守る気持ちが必要です。


例えばお風呂上りにHITOYONIリラクシングオイルケア(左)

手触りも軽いのでお店で長く愛用しています。

お出かけ前にはアルガノミクス・ツヤプラススプレー(右)

特にスプレータイプは簡単なのでオススメ。


お出かけ前に


スプレーで保護するーノ


でもナチュラルーノ


オトナウーノ

ヘアケアがきちんとできている人とそうではない人の差は歴然です。

夏が終わって後悔しない様に大人な夏を過ごしましょう。


是非日頃のヘアの参考にどうぞ( ̄▽ ̄)


大きいサロンよりも小さいサロンがすき

若い美容師よりも30代以上の美容師のほうが落ち着く

速さより丁寧な施術をしてほしい

いつもキレイな髪でいたい

そんな方にはきっと気に入って頂けるサロンだとおもいます!


Neutria ニュートリア
札幌市中央区南1条西24丁目1-11LEADビル2F
☎011-611-3779


24時間OK WEB予約は下記をクリック ↓