【雑記Q&A】雪道初心者必見!どうしたらいいの?アイスバーンの歩き方。徒歩編

先日は一夜にして雪が積もりましたね。

そしてまだ解けないという・・・

こういう時こそテンション上げていくのがベストです。

今日一日を辛いと我慢するのか、とりあえず楽しむのか

決めるのはあなた自身だからです。


そうは言っても寒いし滑るし・・・

仕事いくのもやだなぁ・・・


確かに今時期は観光客の方や北海道の冬が初めての方が転倒して骨折したり怪我をしてしまうパターンが多いようです。

凍った道を歩くのは危険ですが北海道の人々はわりと普通に歩いていますよね?

実はちょっとした事に気を付けるだけでも凍った道を歩きやすくなるんですよね。


普通の道なら適当に歩いても問題ないかもしれませんが、アイスバーンだとそうはいきません。

北海道の冬では歩き方そのものがシビアに試されます。


ただ何においてもコツというのは知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。


『前振りはいいから早くそれ教えてちょうだい』



・・・。

わかりました。

当店のお客様にも今年札幌に転勤してきて初めての冬の方も多いようですので

オオ二氏流アイスバーンの歩き方

いってみましょう。*あくまでもオオニ氏流です。


大事なのはずばり重心

重心と軸がどこにあるのかを常に意識します。

踏み足がそのまま軸になるので軸と重心はできるだけ近いほうが安定します。

重心が体の真下あたりにあれば、急に滑ったときにもリカバリーが効きます。

ところが普通に歩いていると結構重心の位置が前後左右にずれるんですよね。

まず当然ですが夏靴はNG。冬道対応の靴底のものを今すぐ買いにいきましょう。


重心がずれる原因として

ガニ股(ガリ股)、内股は左右に重心がずれるので危険です。

一本の線の上を歩くような歩き方はとても綺麗なんですが凍った道だと軸足が滑った場合、軸足の外側に大きく重心がずれてリカバリー不能になり大変危険です。

肩幅より狭めにスタンスをとりそのまま平行に歩きましょう。

歩幅を大きくとると前後に大きく重心がずれるので危険です。

片方の軸足にのってる時間はできるだけ短いほうが安全なので歩幅は狭めに意識しましょう。

怖いからといって足元を見すぎると頭が下がり重心が前に傾くので危険です。

頭は重いのでまっすぐにしていないと大きく軸がずれるので危険です。目線だけ下をみて歩きましょう。

ポケットに手を入れるのは上級テクニックです。初心者はいつスベってもいいように手は出しておきます。下手すると顔面や後頭部を直撃してしまいます。

手袋をはく。はめるとか装着するのは✖。北海道にきた以上手袋ははいて下さい。

ひざが伸びきっている状態というのは次の動作が少し遅くなってしまうものです。

もし滑ってしまった時のためにも気持ちひざを曲げておくくらいがベスト。


運動神経が良い人はあらゆる場面において全身の力は抜けた状態のほうが良いことを感覚で知っています。

寒くて全身が固まっていると、急に滑った時の反射が鈍くなるばかりか、無理な力がかかってしまい、こらえた時に腰や筋を痛める事もあります。

凍った道を歩くのはこの祭、新しいスポーツだと思って事前にストレッチなど行い全身がリラックスした状態で歩きましょう。


最後に重要な事ですが、滑らないように滑らないようにといくら注意しても必ず多少は滑るものなので

滑りながら重心をコントロール=滑り歩く

というイメージで歩くのがオオニ氏流アイスバーン歩行術です。

そっくり同じ様な事をスノーボードの初心者にも教えています。

軸と重心がやっぱり大事です。



ちなみオオニ氏レベルになると夏用スニーカーで片手ポケットの歩きスマホでも交差点のアイスバーンをスタイリッシュに歩行可能ですが、上級技術+特殊スキルを要するのでここでの紹介は控えておきます。


まずは軸と重心について考えながらじっくり基礎を固めていきましょう!


皆さま楽しい雪道ライフを!







大きいサロンよりも小さいサロンがすき

若い美容師よりも30代以上の美容師のほうが落ち着く

速さより丁寧な施術をしてほしい

いつもキレイな髪でいたい

そんな方にはきっと気に入って頂けるサロンだとおもいます!


Neutria ニュートリア
札幌市中央区南1条西24丁目1-11LEADビル2F
☎011-611-3779


24時間OK WEB予約は下記をクリック ↓