【和漢カラー】頭皮と髪に優しいノンアルカリの和漢カラー

『カラーを繰り返していて髪のダメージが・・・』

『白髪が気になって毎月カラーしてるけど頭皮は大丈夫のかしら・・・』

『じつは我慢してたんだけど毎回カラーの時に頭皮がしみる・・・』

『カラーはしたいんだけどハリコシがなくなってきて・・・』


大人世代になると白髪が気になりつつも、髪のダメージや傷んで細くなってしまったり、なんとかパーマでボリュームを出そうとして更に傷んで細くなってしまったり・・・

それに3週おきくらいに根元を染めてはいるものの、やっぱり頭皮が気になる・・・。


そんな悩みを解消するカラーリングをご紹介^^



ノンアルカリパウダーカラーとかハーブカラーなどとも呼ばれている和漢彩染。

ヘアマニキュアやヘナとも違っていて第4のカラーといわれています。


通常のヘアカラーはアルカリ剤や過酸化水素などが髪のダメージに関わってくるんですが、この和漢彩染はアルカリも過酸化水素も使用していません。

基本、粉をお湯でとくだけです。

他にも質感をアップさせるものも混ぜますが基本はお湯です^^

酸化剤として粉に混ざっている過ホウ酸ナトリウムという過酸化水素よりもかなり低刺激なもので発色!

細かい話はそれぐらいでいいとして、


メリット

  • 地肌に優しい
  • ハリ・コシのある仕上がり
  • やや明るめの白髪染めもできる
  • カラーバリエーションがヘナより多い
  • ツヤがハンパない
  • パーマなどにも支障がない
  • 縮毛矯正との相性も◎


こう見ただけでも悩んでいる方ならすぐにでも染めたくなりますよね!

まあ数年も前からある和漢なわけですが、お客様からも頭皮や白髪、ハリコシの低下やボリューム感、ダメージといった悩みの相談が多かったので。

僕も頭皮がかなり敏感で、カラーリングは頭皮につかないように塗ってもらってもちょっとついただけでヒリヒリです。

でもいつも我慢していました。

だって途中で流すのもなんですからね。

細毛で量も少ないのでカラーリングをするとやっぱり細くなる感じがするし、どんどんコシがなくなるし正直あまりカラーリングってしたくないんですよね。

でもずっと黒髪っていうのも・・・


若い人や頭皮や髪が強い人にはちょっとわからない悩みだと思います。


でも同じように悩んでいる女性は大勢います。

外国人風の透明感とかよりもハリコシと艶々感が欲しい!

繰り返し白髪を染めても健康な頭皮と髪が欲しい!



『そんなあなたにお勧めしたいのがこの和漢カラー!』


だいぶ色が落ちてきて乾燥した様子のマイココです。

アルカリカラーは時間がたつとこういう感じのパサつきがでてきます。

『別に明るくしたいわけでない』

『髪がきれいな大人のいい女風に』

という事で、いい女風になるかはわからないですがラベンダーアッシュ風の調合!

パープルとブルーとホワイトをミックス。


塗ってる時から配合されている小麦粉・コーンスターチの成分が髪に吸着にてプルンプルンな手触りなので塗っていても気持ちがいいです。

ここはアルカリカラーやヘナと決定的に違うところ。

塗布後は20分程放置。

そして仕上がり

超絶キレイすぎて倒れそうになりました・・・!

いままでのどのカラー剤にもなかった手触り。

トリートメント&カラーの時のサラサラ感とはまた違った、

しっかりとしたハリ感というかコシ感というか健康な感じ!


僕も2回ほど自分の髪で染めているんですが、地肌からべたべた塗ってもまったく問題ないし(むしろクレンジング効果でキレイになる)、カラー後特有の細くなる感じがないどころかむしろボリュームアップする感じ。

正直もう普通のカラーには戻りたくないかなと思います。

どちらが魅力的な女性にみえるでしょうか?


色味重視というよりは艶感・髪質・頭皮重視の方にお勧めしています。

30代後半以降の髪質や頭皮が気になってきた方に特にお勧めです。

『私も魅力的な大人の女になれるかしら・・・?』


『もちろんですともマダム。今でも十分に素敵ですがいっそう素敵な女性になれる事でしょう。』


とにかく2~3回試して実感してみてほしいこの和漢カラー。

ヘアカラーってこの先もずっと染め続けていくものだから・・・

髪にも頭皮にも優しいカラーを選びたいところですね!




大きいサロンよりも小さいサロンがすき

若い美容師よりも30代以上の美容師のほうが落ち着く

速さより丁寧な施術をしてほしい

いつもキレイな髪でいたい

そんな方にはきっと気に入って頂けるサロンだとおもいます!


Neutria ニュートリア
札幌市中央区南1条西24丁目1-11LEADビル2F
☎011-611-3779


24時間OK WEB予約は下記をクリック ↓